危険な蜂は退治!被害から身を守るための鉄則とは?

蜂の巣を見つたらすぐに避難してプロに退治してもらおう

危険性が高いハチの種類

  • オオスズメバチ
  • キイロスズメバチ
  • ヒメスズメバチ
  • クロスズメバチ
  • コガタスズメバチ
  • キアシアシナガバチ
  • フタモンアシナガバチ
  • セグロアシナガバチ
  • ミツバチ
  • クマンバチ

危険な蜂は退治!被害から身を守るための鉄則とは?

ハチの巣

日常に潜む危険

蜂は、人を刺します。刺されると、激しい痛みや熱が出て苦しい思いをします。アナフィラキシーショックによって死亡する例も毎年出ているほどです。蜂は自然界にはなくてはならない重要な生物ですが、上手に共存していかなくてはいけません。自宅の敷地内などで巣を見つけた場合は、すぐに適切な行動をとることが大切です。

逃げよう

巨大な蜂の巣がある場合など、危険な状況であれば、すぐにその場から逃げるのが鉄則です。大きな声を出して逃げるのではなく、落ち着いて静かに立ち去るようにすることが重要です。蜂を刺激するのは逆効果になります。

早めの対策を

また、小さな巣であっても、見過ごさないで早々に退治するようにします。巣はどんどん成長していきますので、それだけ被害のリスクが増えることになるためです。蜂の巣の退治は、プロの専門業者に任せることが安心です。

予防をしよう

庭の木や、軒先、納屋の天井裏などに蜂の巣はできやすいです。日頃から定期的に庭の手入れをしたり、建物のチェックを注意深くするようにしていきましょう。

こんなときはどうしたらいいの?疑問にお答え!

賃貸物件で蜂の巣がある場合はどうすればいいですか?

アパートやマンションなどの賃貸物件に住んでいて、敷地内に蜂の巣を見つけた場合は、まずは管理会社に連絡することが大切です。費用などの負担の問題もありますので、必ず相談してから行動するようにしたいものです。